リースリング、ピノノワールから醸造される
上質のドイツワインをお届け

  • TEL072-624-7540
  • FAX072-623-8703
スタッフブログ
2018/05/11

GWのひと時

ヘレンベルガー・ホーフ株式会社‐ドイツワインの輸入卸

みなさま、こんにちは!

すっかり更新が遅くなってしまい、すみません(*_*;

フィリピン帰りの礒本です。

 

つい先日までベッカー醸造所のフリッツさんが来日しており、その通訳として帯同させて頂いていたのですが、各地で『フィリピン留学どうでしたか?』と様々な方からお声かけを頂きました。近年のSNSの影響力の強さを実感しながらも、ほんのり有名人気分を味わっていました(単純なんです(笑))

 

帰国後にベッカーさんの来日があったりなんやらかんやらで忙しくさせて頂いていたのですが、先日のGW、久しぶりにゆっくりのお休みを過ごさせて頂きました。

せっかくなのでいつもと違ったことがしたいと思いながら、どこ行っても人が多いであろうこの時期選んだ場所が、『京都』でした。

GWの京都なんて国内外の観光客で入り乱れとるやないか」

という声が聞こえてきそうですが、実はあるんです。京都らしさを感じられながらも人の少な目の穴場スポットが♪

そこは、、、

 

『出町柳(でまちやなぎ)』

 

京阪電車の終着点、学生の街、礒本が青春時代(?)を過ごした街、そう、出町柳です。

 

出町柳駅の眼前には京都を代表する河川『鴨川』が流れています。鴨川沿いというのは、街中でしたらこれからの季節、納涼床が楽しめますね。三条四条大橋を中心にカップルなどが等間隔で座る様もひとつの名物でしょう。というわけで街中がフィーチャーされがちな鴨川ですが、北方である出町柳にも鴨川ホットスポットが存在するのです。ここまで言えばピンとくる方もいらっしゃることかと思います、そうです『鴨川デルタ』です。

o0720048010291720551.jpg

 

出町柳駅のちょうど正面、ふたつの河川『高野川』と『賀茂川』が合流、三角州を形成しています。その三角州を鴨川デルタと呼びます。

 

ふたつの河川が合流している地点なので街中よりも川幅が広く、かつデルタの存在により陸地も広いのです。

そんな鴨川デルタにベッカーワインを持ってピクニックに出かけて参りました。

街中とは違い、利用者の大半は地元民や近隣の学生などで、決して人でごった返すということはありません。

GW真っ只中の京都とは思えないゆったりまったりとした時間が流れる鴨川デルタ。

ワインのお供は大好きなレストランのテイクアウト。

 
IMG_20180503_130748.jpg

今回持っていったワインはベッカーさんのリースリングとプティ・ロゼ。

どちらも素晴らしくこのシチュエーションにマッチしていたのですが、やはりアウトドアでのプティ・ロゼの存在感は群を抜いています。

IMG_20180503_144311.jpg

ほんのりと残された甘みが実に幅広くお料理に合ってくれます。

ベッカーさん、いつも美味しいワインをありがとう♪

そんな幸せなひと時を過ごせたGWの1日でありました。

皆さまも是非、お試しください。
鴨川デルタも、おすすめです。



礒本