リースリング、ピノノワールから醸造される
上質のドイツワインをお届け

  • TEL072-624-7540
  • FAX072-623-8703
スタッフブログ
2019/05/07

経ヶ岬に行ってきました。

ヘレンベルガー・ホーフ株式会社‐ドイツワインの輸入卸

みなさまこんにちは。

今回の担当はGWで遊びすぎて休みボケ気味の迫です。

 

 

というわけで、

タイトルの通り京都の経ヶ岬に行ってきました。

経ヶ岬は、かの有名な天橋立のある宮津を越え、

日本最古のロゼを謳っている赤米から造られた日本酒のある伊根を越えた先です。

 

今回はそんな経ヶ岬で、釣り&キャンプをしてきましたよ。

 

 

GWですから夜中に家を出発して途中で30分仮眠。

経ヶ岬灯台に車を置いて、いざ釣りポイントへ。

いこうと思っていたのですが、

思った以上に道が険しく遠い。

片道灯台から1時間くらいの山道をハイキング&岩山を越える。

 

 

なかなかに険しく、磯靴がなかったら滑り落ちそう。

また、近所の小学生の作ってくれた杖がとても助かりました。

ようやく釣りのポイントにたどり着きましたが、

風がとても強く、うねりもあって海の近くから釣りをすると波にさらわれそう。

 

波の届かない場所から、

ルアーのロストの恐怖と闘いながら釣りを開始。

一投目でルアーのマキッパ(新品)をロスト(´・ω・`) 

以降は、ロストはないものの、根がかりをぎりぎりしないような時間が続く。

2時間後に友人のルアーロストに伴い、1時間のハイキングで撤収。

釣果0でした。

 

 

まぁ釣りをしていればそんなことはよくあるわけで、

気持ちを切り替えて楽しくキャンプ!

 

 

やっぱりすごく星がきれいに見える。

フェザースティックに初挑戦して成功?したたき火で

暖まりながら乾杯!

 

辛口のリースリングがたまりません。

 

 

今回は斧を購入していったので、

そこら辺の流木や枝をちょうどいい長さに叩き切って

燃やしてやりました。

 

 

2杯半飲んで、睡眠時間を考えられていないスケジュールだったため。

テントの中で即ダウン。

朝までぐっすり。

 

おっさん3人がテントに詰まっている、

なかなか直視にたえないそんなキャンプでした。





オチ?

思いつかいないので許してください。

 

 

迫 晴朗