リースリング、ピノノワールから醸造される
上質のドイツワインをお届け

  • TEL072-624-7540
  • FAX072-623-8703

ヴィーニンガー プロフィール

TOP > 生産者紹介 > ヴィーニンガー

Wieninger ヴィーニンガー


オーストリアの首都ウィーンの名産ゲミシュターサッツ(混植混醸)の地位を引き上げ世界に知らしめた、ウィーンの英雄的存在。





ウィーンのゲミシュターサッツ復興を目指して

世界で唯一、首都にある商業ベースのワイン生産地域、それがウィーンです。現在も300軒ほどのワイナリーがあり、総栽培面積は700haほど。しかしながら、そのほとんどがウィーンの名物といえるワイナリーが経営する季節限定のレストラン「ホイリゲ」にて消費される安価なワイン造りに重きをおいています。 その彼らの名物ワインがゲミシュターサッツといわれる混植混醸のワイン。約100年前を振り返るとそのワインの大半はこの製法にて造られた白ワインでした。当時は名声を得て、ウィーンが誇るワインとして確固たる地位のあった銘柄でした。しかしながら、60年代から70年代にかけて潤沢な観光産業向けの大量消費用ワインへと姿を変えていくのです。 その輝かしい歴史の復活を目指しているのがこのヴィーニンガー醸造所です。もともと現ご当主のフリッツ・ヴィーニンガーさんは、カリフォルニアで修行をし、ウィーンに戻って樽熟成のシャルドネで成功をおさめ、「ミスターシャルドネ」とも言われるほどの地位を確立します。そんな成功の中、1999年より念願であったウィーンの街が一望できる最高の畑ニュスベルクを譲り受け、シャルドネをはじめとした単一品種でのさらなる飛躍を考えていたところ、ニュスベルクで初年度に実験的に造ったゲミシュターサッツのワインがあまりにも高品質だったため、考え方をあらため、古き良きゲミシュターサッツの復興に着手するようになります。観光客向けの安価なワインのイメージから脱却するために、今までにない高品質なワインを造り続け、積極的に啓蒙活動を行い続けた結果、ウィーンは世界に名だたるゲミシュターサッツ里と認知されるようになったのです。そしてついにヴィーニンガーさんの10年以上にわたる尽力により、2013年にはウィーンのゲミシュターサッツはDAC(原産地呼称)として認可されるまでになりました。

 

 

当主フリッツ・ヴィーニンガーさん


とてもエネルギッシュで気さく。来日の度にいろいろな方と友達になって帰られます。
いつもゲミシュターサッツの復興に対する思いを熱く語る、情熱にあふれた方です。
 

ゲミシュターサッツ(混植混醸)とは?

1つのエリアにバラバラに植わっている複数の品種を、早熟品種・晩熟品種関係なく、時期を見極めて同時期に収穫、同時に醸造する農法。かつては様々な品種を植えることでのリスク分散を目的としていましたが、近年ではぶどう品種の個性に依らないテロワールの表現方法として注目されています。ワインの味の方向性を決める際は、そのエリアの各品種の作付け面積でコントロールしています。また、そのヴィンテージの特徴が顕著に表れるため、非常に生産者の手腕が問われる農法とも言えます。

 
所有する畑

ウィーンの北部、ニュスベルクとビザンベルクに35haずつ、合計70haの畑を所有しています。


 

【Nussberg】 ニュスベルク

"

1999年に譲り受けたウィーン市街を一望できる最高の畑。ウィーンの中心地から北西にある小高い山。グリューナーフェルトリーナーやリースリングなど、オーストリア系の品種が中心に植えられています。石灰岩が隆起した土壌で、できるワインは硬質なミネラルを持った芯のある味わいになります。また、若干の苦味を感じる味わいにもなるため、苦味に負けない力強いワインに仕上げるのも特徴です。

【Bisamberg】 ビザンベルク


ドナウ川を挟んで北東側、ウィーンの中心部から少し離れた、なだらかな斜面が続く畑。石灰分を多く含むレスや黄土、小石の土壌で、ピノ系品種やシャルドネなどの国際品種が中心に植えられています。ニュスベルクで造られるワインに比べてスマートでエレガントな味わいに仕上がります。醸造所やホイリゲも畑のすぐ近くにあり、ヴィーニンガー家はこちらの畑で代々ワインを造ってきました。



ゲミシュターサッツのラインナップ

 

Wiener Gemischter Satz  ウィーナー ゲミシュターサッツ ¥3,000(本体)

ニュスベルクとビザンベルクの区画のブレンド。実に11種類ものぶどう品種を同時収穫しています。平均樹齢は20年。年産45000本。酸と硬質なミネラルがすばらしい。彼のスタイルをしっかりと感じることができます。

使用ぶどう品種:Gruener Veltliner 25%, Welschriesling 20%Weissburgunder 15%,
Riesling 10%, Chardonnay 10%, Sauvignon Blanc 7%
以下合計で13% Silvaner, Ziefandler, Rotgibfler, Traminer, Neuburger

Bisamberg   ビザンベルク  ¥4,500(本体)

ビザンベルクにあるホッホフェルド区画のぶどうを100%使用した2012年ヴィンテージからの新シリーズ。フランス系のぶどうを中心に樹齢40年超の古木のみを使用し、混植混醸の新境地を示した一本。 

使用ぶどう品種はWeisserburgunder 40%, Grauerburgunder 40% , Chardonnay 20%

Nussberg    ニュスベルク  ¥5,300(本体)

ニュスベルクのドナウ川に面した急斜面のUlm(ウルム)というモノポールの区画からのぶどうを100%使用。貝殻石灰層、珪岩からくる硬質なミネラル。まさにヴィーニンガーさんおよびウィーンのワインの歴史を変えた一本。平均樹齢は約50年。土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。総生産量 2万本 

使用ぶどう品種は合計9種類。多い順に
Weisserburgunder 30% Neuburger 20% Welschriesling 20% Gruener Veltriner 10%以下合計で20% Silvaner, Ziefandler, Rotgibfler, Traminer, Riesling

 

Rosengartl  ローゼンガルトル ¥7,500(本体)

ニュスベルクのフィレの部分にあたり、歴史的にも名高いのがこのローゼンガルトルという区画。貝殻石灰岩に覆われた南向けの急傾斜。手摘みにて収穫後4時間浸透後、慎重にプレス。ステンレスタンクにて翌年5月まで酵母とともにゆっくりと熟成させた混植混醸ワインの頂点。
使用しているぶどう品種は全部で以下の5種類。

Gruener Veltriner 50% 以下多い順にWeissburgunder, Neuburger Traminer, Riesling

 





ホイリゲとホイリゲ

 
ウィーンの名物の1つに、醸造所が経営する居酒屋ホイリゲがあります。週末のみのオープンという、兼業農家が営む居酒屋ならではのシステムで、簡単なお食事とそのワイナリーの出来立てのワインを楽しむことができます。ヴィーニンガーさんも醸造所のすぐ近くに400人ものお客さんを収容できるとても大きなホイリゲを所有しています。
また、このホイリゲで飲まれる新酒「ホイリゲ」は毎年11月11日解禁で、私たちもその解禁日に合わせて輸入しています。


醸造所


 
お問い合わせ
  • TEL072-624-7540
  • FAX072-623-8703