リースリング、ピノノワールから醸造される
上質のドイツワインをお届け

  • TEL072-624-7540
  • FAX072-623-8703

ルドルフ・フュルスト Rudolf Fürst

TOP > 生産者紹介 > ルドルフ・フュルスト

Weingut Rudolf Fürst フュルスト醸造所


ジルヴァーナなどの辛口白ワインが著名な産地フランケン地方。

フランケン地方の中でも西側に位置し、マイン川の支流、エルフ川に面した産地ビュルクシュタットにフュルスト醸造所はあります。

あのジャンシス・ロビンソン女史やシュチュワート・ピゴット氏等に絶賛され、「フュルストはドイツのピノマジシャン」、「ブルゴーニュはビュルクシュタットにあり」と評され、今や世界のピノ・ノワール好きの間では知らぬ者はいない存在となりました。




 

たった1代にして築き上げた名声 ~パウル・フュルストさん~


フュルスト醸造所前当主パウル・フュルストさんは1971年、若干16歳でシュロス ヨハニスベルクにて研修を終え、これからという21歳の頃、当時2ha規模のフュルスト醸造所の当主であった父を亡くし急遽、醸造所の後継ぎになりました。その後、モニカさんと結婚し、独学でワイン造りを学びました。イギリスで大きく評価されたことをきっかけに、国内外でゆっくりと評価を高めていき、5つ星生産者はおろか2003年ゴー・ミヨ誌にて最優秀醸造家に選出。

2019年に、VDP(ドイツ高級ワイン生産者連盟)からビュルクシュタットのツェントグラーフェンベルクを著名にしたことも表彰されています。

パウルさんに、「ここまで成し遂げるのは、ご苦労もされたのでは?」と問うと「私は運が良かった。受け継いだ畑は良い畑だったので、すぐにお客さんがついた。大事なのは、ただ一生懸命取り組むこと。」といかにもドイツ人らしい実直なお答えでした。

今や、2haだった所有畑は22haにまで拡大。シュペートブルグンダーの歴史にその名を刻み続けています。


天才と呼び声の高い後継ぎ ~セバスチャン・フュルストさん~


パウルさんの長男セバスチャンさん。

2010年頃からすでに醸造に携わっていたセバスチャンさんですが、2019年より正式に当主を交代。ドイツの著名な醸造所を渡り研修生だった時代から、ドイツワイン業界では「とんでもない若手がいる」と噂になっていたそうです。セバスチャンさんの造るワインのスタイルはパウルさんのスタイルを踏襲しながらも、より洗練されエレガントになっています。セバスチャンさんもまた、多くの評論家から絶賛され、2018年ファルスタッフ誌にて最優秀醸造家に選ばれました。

赤色砂岩


フュルスト醸造所の所在地ビュルクシュタットはマイン川の支流エルフ川に面し、シュペサート山地とオーデンヴァルトに挟まれた盆地で特殊なミクロクリマを生み出しています。

そして、フュルスト醸造所を語る上で欠かせないのが赤色砂岩土壌。三畳紀の初期に形成された酸化鉄を含む土壌は、名の通り赤褐色をしており、古くから建造物の石材として多く使用されてきました。

赤色砂岩は、水はけが良く、空気を通しやすい性質を持ち、畑に適度な保温性をもたらします。

また、畑の熱をぶどうに与えられるよう、フュルスト醸造所のぶどうの樹を低く仕立てます。

所有している畑

パウルさんが醸造所を引き継いだ頃、ビュルクシュタット周辺のみのわずか2haだった畑は、優良畑を増やし、いまや計22haにも拡大しました。

Centgrafenberg ツェントグラーフェンベルク


ビュルクシュタットの醸造所周辺に広がる11haを有するVDP認可のGG畑です。

畑は、マイン川の支流であるエルフ川に面した標高約160~250mにある真南向きの約5~20度の斜面です。ビュルクシュタットに隣接するシュペサート山地とオーデンヴァルト(森林)に囲まれた盆地の街ミルテンベルクの気候の影響を大きく受け、温かく、降雨量が少ないミクロクリマ(局所的気候条件)が形成されています。

土壌は赤色砂岩と赤色砂岩の風化土壌で、区画によって表土に粘土が混じります。

粘土が多く混じった区画では、シャルドネや、ヴァイサーブルグンダー(ピノブラン)などの白品種が植えられています。

Hundsruck フンツリュック

 

フュルスト醸造所の中でも、最もスパイシーで力強いシュペートブルグンダーを生み出す醸造所最上の区画フンツリュック。

「犬の背」という意味の名を持つ2.5haを有するビュルクシュタットの畑(ビュルクシュタッターベルク)の東側の特別小区画です。フンツリュックは、1525年当時に固有の畑として認められ、1546年には、税法上の分類によっても認められた畑でした。

しかし、1971年以降フンツリュックは、ツェントグラーフェンベルクに含まれ、単独の畑として認識されなくなってしまいました。現在、フュルスト醸造所の功績によって、2010年に「フンツリュック」という独立したGG(グローセス・ゲヴェックス)の畑として復活を遂げました。

畑は南向きで、一部テラス状、斜面はパウルさん曰く理想的な約20度の傾斜になっています。

表土は風化した赤色砂岩で、赤く、全体的に非常に石がちな土壌です。赤色砂岩の大きいところでは約2mにもなる岩の塊が埋まっています。フンツリュックの土壌は、赤色砂岩の特徴がそのまま出ている土壌で、保温性があり、通気性が良く、とても水はけが良いのでぶどうに適度な負荷がかかり、より凝縮した上質なぶどうが収穫できます。

ワイン造りにおいて、とても理想的な土壌ではありますが、ぶどうに過度なストレスがかかりやすい為、管理には油断が一切許されない畑です。

シュロスベルク



醸造所のあるビュルクシュタットから車で約20分、北西に離れた同じくマイン川沿いの街クリンゲンベルクにGG(グローセス・ゲヴェックス)の畑シュロスベルクはあります。

このクリンゲンベルクは、ドイツの歴史上ブルゴーニュ系品種の偉大な産地でした。1646年メリアンによるクリンゲンベルク産のワインを絶賛する版画が残されており、当時クリンゲンベルク産のワインの品質が素晴らしかったことがわかります。

古城の下の傾斜に扇状に開いた石壁の超優良区画を、モノポール(単独所有畑)として所有しています。

フュルスト醸造所は、この計1.3haのモノポールを含むクリンゲンベルクのテラス状の畑を2004年に購入しました。その際に約100メートルにも及ぶ石壁を修復し整え、ブルゴーニュ産のクローンの樹に植え替えました。

シュロスベルクは南南西~南西に向けて広がる海抜120~130mの畑です。一部、勾配率約40度を超えるテラス状の急斜面の畑もあり、耕作機など一切の機械は使用できず、畑での作業はすべて手で行われます。シュロスベルクの土壌は赤色砂岩。表土は風化した赤色砂岩と赤土。赤色砂岩で組まれたテラスの石壁に日光が反射し、熱を蓄え、夜は林からの冷気の影響を受け寒暖差が生まれるブルゴーニュ系品種に適した畑です。

クリンゲンベルク産のワインはシルキーで、エレガントな中にも、しっかりとぶどうの熟度が感じられます。



お問い合わせ
  • TEL072-624-7540
  • FAX072-623-8703