リースリング、ピノノワールから醸造される
上質のドイツワインをお届け

  • TEL072-624-7540
  • FAX072-623-8703

フリードリッヒ・ベッカー プロフィール

TOP > 生産者紹介 > フリードリッヒ・ベッカー

Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所



生産地:ファルツ シュヴァイゲン村
主な特級畑:ザンクトパウル カマーベルク

ゴーミヨ誌にて8度にわたる最優秀赤ワイン賞受賞。「世界一エレガントなワインを造る!」をテーマに
エレガントで洗練された唯一無二のワインを造る、ドイツを代表する生産者の1人です。




画像提供:Wines of Germany


世界一エレガントなピノ・ノワールを目指して

ベッカー醸造所のあるシュヴィゲン村はファルツの最南端。フランスとの国境線に位置するがゆえに、歴史上何度も戦火に見舞われた地域でもあります。第二次世界大戦後、荒廃して焼け野原になったシュヴァイゲン村の復興を支え、ぶどう栽培農家をまとめ上げて一大協同組合を立ち上げたのが、フリードリッヒ・ベッカー氏の父上でした。戦後、甘口ワインを造る技術に長けており、造れば造るほど売れていた時代、協同組合の主力ワインも貴腐ワインでした。フリードリッヒ・ベッカー氏はそんな南ファルツの一大協同組合の跡取りとして期待されていましたが、石灰岩が隆起したシュヴァイゲン村の土壌と寒暖差のある気候に可能性を感じ、自らの大好きなピノ・ノワールに打ち込むために、周囲の猛反対を押し切って1973年に独立。0からのスタートとなりました。

当初、貴腐ワイン用の甘いぶどうばかり生産していた他の生産者からは「酸っぱくてまずいぶどう」のレッテルを張られ(この時の逸話を童話「ぶどうとキツネ」に重ねて個性的なエチケットが誕生しました)激しい非難を浴びながらも、不断の努力とセンスにより、ドイツのピノ・ノワールのトップに上り詰めました。そしてゴーミヨ誌にて前人未到の8度に渡る最優秀赤ワイン賞を受賞、ドイツのみならず、世界に名だたる生産者となりました。

 

フリードリッヒ・ベッカーさん



醸造所を立ち上げた、とっても渋い風貌のお父さん。
あまり喋らない、典型的な職人気質。

フリードリッヒ・ベッカー Jr.さん (通称フリッツさん)



現在36歳の息子さん。お父さんとは打って変わってよく喋ります!

 

複雑な歴史に翻弄された地域

ベッカー醸造所のあるシュヴァイゲン村はフランスとの国境線に接しているため、歴史上何度も国境線が変わっており、所有する畑のうち7割は国境を超えてフランス領に位置しています。EUになる前は、パスポートを所持しながらの畑作業になったそうです。

 畑の中には等間隔に国境線を示す石が配置されています。





 

シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)のシリーズ

ベッカーさんのエレガントなシュペートブルグンダーは
独自の格付けを採用しています。

スタンダードクラス

ベッカー シュペートブルグンダー 参考価格:¥3,300(本体)
醸造所の最も基本となるクラス。大樽80%、小樽20%の熟成。

ベッカー シュペートブルグンダー「B」 参考価格:¥5,000(本体)
ワンランク上のベーシッククラス。「B」はBecker Basis Bariqのイニシャル。
何回か使用した小樽での熟成。


村名入り

シュヴァイゲナー 参考価格:¥6,500 (本体)
シュヴァイゲン村のぶどうのみを使用したクラス。


セカンドラベル

カルクゲシュタイン 参考価格:¥10,000(本体)

所有する特級畑、カマーベルクとザンクトパウルの畑のぶどうのブレンド。
新樽と古樽50%ずつでの熟成。


特級畑

カマーベルク 参考価格:¥15,000

南向きの斜面の100%フランス領の特級畑のワイン。少し表土があることから、
柔らかな味わいのワインとなる。樹齢約50年。

ザンクトパウル 参考価格:¥15,000
100%フランス領、ベッカーさんが新しく開墾した特級畑。
表土がほとんどなく、硬質なワインに仕上がる。 樹齢約20年。

特別な区画

ハイデンライヒ 参考価格:¥30,000

醸造所の最上級のシュペートブルグンダー。ザンクトパウルにある特別区画。
かつては「ベッカー ピノ・ノワール」としてリリースされていたワイン。

 
 

所有する特級畑

ベッカーさんの特級畑は100%フランス領に位置します。具体的には「シュヴァイゲナー ゾンネンベルク」という集合畑で、下記畑名としているのは具体的には区画名です。

VDP指定の特級畑表記をするためには区画名を堂々とエチケットに記載できないため、バックラベルにはシュヴァイゲナー ゾンネンベルクとし、表のエチケットには区画名を誤魔化しながら記載しています。



【kammerberg】 カマーベルク


アルザスの街、ヴィーゼンブールを臨む、南向けの緩斜面の畑。貝殻石灰岩の風化土壌。「カマー」は宝物庫を意味し、戦前こちらの畑で採れるぶどうから素晴らしいワインが出来たため、宝物庫に貯蔵したことに由来しています。
そんなかつての特級畑も、戦後の質より量の時代には大量生産に向かない畑だったため、耕作放棄され、二束三文で売られていました。ベッカーさんは独立の際にその畑を購入し、一から開墾してシュペートブルグンダーを植えたことから、ベッカー醸造所の輝かしい歴史のスタートとなった、記念すべき畑です。南ファルツで戦後初めてシュペートブルグンダーが植えられた畑でもあります。高樹齢の樹は45年~50年にもなります。



【St.Paul】ザンクトパウル


カマーベルクの北に位置し、ヴォージュ山脈からの吹き下ろしの風の影響を受ける、寒暖の差がしっかりとした畑。かつてはシャトーザンクトパウルというお城(画像奥)の周りにある森だったのですが、石灰岩の隆起した素晴らしい土地で、ベッカーさんが狙っていたところ、偶然にもお城の城主さんとベッカーさんの娘さんが結婚! 義理の息子にお願いし、森を一から開墾させてもらったというエピソードがあります。(フリッツさんはその開墾の際に大怪我をし、その跡が生々しく残っています)まだ開墾してそんなに年月が経っていないこともあり、カマーベルクより樹齢は若めです。表土が0に近いほど石灰岩が隆起しており、芯のしっかりとしたワインに仕上がります。



【Heydenreich】ハイデンライヒ

 
ザンクトパウルにある南向け斜面の最優良区画。今でもこちらの区画はベッカーさん親子しか入れない聖域になっています。


熟成に使用する樽


ベッカーさんはヴォージュ山脈の森も所有しており、熟成に使用する樽の約2/3は、その森のオークの樹を自ら見極め、樽の加工業者に委託して作ってもらっています。最高品質のシュペートブルグンダーを目指す、ベッカーさんならではのこだわりです。

評価急上昇中の白ワイン

戦前、シュヴァイゲン村周辺はピノ系品種やゲヴュルツトラミナーなどの銘醸でした。その名声を取り戻そうと、石灰岩土壌由来のミネラル分をしっかりと感じる高品質な白ワインを生み出しています。赤ワイン同様、エレガントながらも余韻が細く長く続く、ベッカーさんらしい素晴らしいワインに足上がっています。また、フリッツさんはリースリングにも注力しており、2012年からスタートした新しいリースリングのキュヴェ、ムッシェルカルクはワイン雑誌ヴィノムにて最優秀辛口リースリングにも選ばれています。

 
醸造所

 
 
お問い合わせ
  • TEL072-624-7540
  • FAX072-623-8703