リースリング、ピノノワールから醸造される
上質のドイツワインをお届け

  • TEL072-624-7540
  • FAX072-623-8703
スタッフブログ
2019/03/01

最高にハイ!ンリッヒ

ヘレンベルガー・ホーフ株式会社‐ドイツワインの輸入卸
先月末、オーストリアよりハインリッヒさんご夫妻が来日されており、
3日間付きっきりでいろいろお話をすることができました。

ハインリッヒさんは、ヴィーニンガーさんも所属する
オーストリアのトップ生産者5人が集まるマーケティング団体
Premium Estates of Austriaの1人です。その関係もあって、
2015年にオーストリアに訪問した際、紹介を受けて訪問したのがきっかけでした。
ハインリッヒさんのワインはかつて他のインポーターさん経由で
2度ほど日本に入ってきたことがあったこと、さらに昔のハインリッヒさんのワインは、
割とタンニン強めの力強いワインが多かったこともあり、
「ヘレンベルガー向きのワインじゃないかもね…」と思いあまりポジティブな気持ちでの
ワイナリー訪問ではありませんでした。さらに、お伺いしたのが8月だったので、
ハインリッヒさんご夫妻は休暇で不在! いろいろなネガティブ要素を抱えてての訪問でしたが、
美しい畑とワイナリーに圧巻され、思った以上にエレガントで土壌の味わいが表れたワインの
素晴らしい味わいに感動! さらにヘレンベルガーにはなかった、
低価格レンジのおいしいワインもあったので、『バツ2だけども、うちは添い遂げる!』と決心し、
お取引をスタートしました。そして昨年、オーストリアに再度訪問した際、
初めてハインリッヒさんとお会いすることができました。
じっくり飲みながら話をしたかったのですが、団体行動で数時間の滞在だったので叶わず…
そして今回、万を辞しての来日! 念願叶って、こってり話をすることができました。


ゲルノット・ハインリッヒさんと奥さんのハイケ・ハインリッヒさん

美男美女のご夫婦で、とにかく仲が良く、
付き合い立てのカップルのようで、見ていて気持ちがいいくらい。
以前から「ハインリッヒ夫妻は仲が良い!」と聞いてはいたのですが、
ここまでとは・・・笑

ゲルノットさんは、以前はなんとなくクールガイで
がっつり喋るタイプには見えなかったのですが、
今回は滞在中にいろいろなものに興味を示しては
質問され、地元のこと、自分のこと、ワインのことを
たくさん話してくれました。

ハイケさんはとにかく明るく元気!
旦那さんのこと、家族のことが大好きなのが
とても伝わってきました。
道中の飲食店の軒先にある食品サンプルが
お気に入りで、よく写真を撮っておられました。
「これはひとつのアートよ!」


しゃぶしゃぶ
〆のうどんに大苦戦されていました


メーカーズディナー
溢れるホスピタリティで、お客様も大満足のご様子でした。


醸造家が来日したら、びっちりスケジュールを入れる!という
ヘレンベルガーイズムに巻き込んでしまいましたが、
文句ひとつ言わず、お客様への訪問、百貨店での販売、
メーカーズディナーと、パワフルにこなしてくれました。

ただ、せっかくの初来日でご夫婦で来られているのに、
仕事ばかりだと日本のことを嫌いになってしまう・・・と危惧し、
東京での滞在のうち1日は観光にあてました。


皇居→浅草→合羽橋→スカイツリーと、超王道コースを、
私の妻と子供も一緒にまわりました。

ちなみに私の息子は、私が英語を勉強している姿を見て、
「英語を喋れるようになりたい!」と英会話に通っています。
今回、英会話の先生以外で初めて触れる外国人になるので、
「外国人とコミュニケーションをとるには英語が必要!」ということを
植え付け、英語学習の糧にするためにも息子を巻き込みました。
超贅沢! 世界的な醸造家の無駄遣い!

合羽橋では食器や食品サンプルなど、色々買い物をされたのですが、
(息子も食品サンプルのキーホルダーを買ってもらい、宝物になりました)
ハイケさんが提灯に興味を示し、4つも購入。
なんとこの提灯をテイスティングルームに飾るのだとか。


このキレイなテイスティングルームに
「大入」とか「千客万来」とか書いてある
ミーハーな提灯を飾る!笑
「次回来るとき楽しみにしてて♪」とおっしゃっていました。


今回の来日で、ハインリッヒさんとしっかり心が通じ、
そして私の中で彼らのワインに繋がりました。
ワインを飲んで、しっかりと生産者の顔が思い浮かぶようになると、
一層お客様へ熱を持ってオススメできるようになります。

来日を機に、私たちの主力ワイナリーの1つになったのではないでしょうか。

6月にはヘレンベルガーとして初めての、業界関係者向けの
オリジナルオーストリアワインツアーを実施予定。
ハインリッヒさんのワイナリーももちろん訪問します。
テイスティングルームの提灯もチェック予定です!笑

現地でハインリッヒさんご夫妻にまたお会いするのを楽しみにしています。

ヘレンベルガーホーフ
宮本 駿