リースリング、ピノノワールから醸造される
上質のドイツワインをお届け

  • TEL072-624-7540
  • FAX072-623-8703
TOP > ヘレンベルガー・ホーフ株式会社‐ドイツワインの輸入卸 > あのヴォーヌ・ロマネと同じ土壌!?とてつもない凝縮感のピノ・ノワール!
新入荷・おすすめワイン情報
2020/09/30

あのヴォーヌ・ロマネと同じ土壌!?とてつもない凝縮感のピノ・ノワール!

ヘレンベルガー・ホーフ株式会社‐ドイツワインの輸入卸

今週のヘレンベルガーいちおし!ワインは・・・

ヴァスマーさんの最優秀コストパフォーマンス賞も受賞し、話題となったあの赤ワインと

醸造所のフラッグシップであり、自慢の特級畑のピノ・ノワールのご紹介です。

マークグレーフラーラント シュペートブルグンダー 2017 (左)

参考価格:¥3,000-(本体)

 

ドッティンガー カステルベルク ピノ・ノワール GC 2015 (右)

参考価格:¥15,000-(本体)

マルティン・ヴァスマー醸造所

ドイツのトスカーナとも称される、温暖な天候と地形に恵まれたバーデン最南部のマルクグレーフラーラント。シャスラ(グートエーテル)をはじめとした、デイリーなワインの産地として知られています。そこでじゃがいもとトウモロコシ、ホワイトアスパラガスの生産で大成功していたマルティン・ヴァスマーさん。

しかし、自分の生産したホワイトアスパラガスと地元のワインを味わうたびに違和感を抱いていました。「ワインももっとおいしいものができるのではないか」と37歳で奮起、醸造所を設立します。ブルゴーニュ、シャンボール・ミュジニィのアミオ・セルヴェルにて研修後、3haの畑でスタートしました。素朴な人柄ですが、ワインへの情熱は留まるところを知らず、今では38haもの畑を所有しており、ゴーミヨ誌にて4つ房、さらに2018年にはVinum誌において、ピノ・ノワールが最優秀コストパフォーマンス賞を受賞しています。数々の賞を毎年受賞し、評価を高めてい続けています。

名門出の才女サブリナ・ヴァスマーさん

ヴァスマー家長女。ドイツ ラインガウ地方の名門シュロス・フォルラーツを経てアルザスのトリンバックにて研修終えます。その後3年間応募し続け最後は直接交渉してメオ・カミュゼにて研修を終え醸造所に戻ってきました。

ワイン造りで大変なことは?と言う質問に、「ワイン造りは大好きだから大変なことなんてないわ」と答えるほどワインに愛情を込めて醸造しています。

醸造所へ戻ってきたのは2015年。まだまだこれからが楽しみな87年生まれのサブリナさんから目が離せません。

徹底した収量制限

ヴァスマー醸造所のワインのクラスは大きく3つのカテゴリーに分類されます。

GC(グランクリュ):畑の中の最優良区画から収穫。

収量は20-25hl/haの超低収量。

ヴァスマー醸造所のクオリティーを体現した最高級クラス。

 

SW(セレクション ヴァスマー)、畑名ワイン

畑を限定し、収量も35-40hl/ha。のクラスから新樽を使用。

 

グーツワイン:醸造所の所有する広域の畑から収穫。

広域ワインでも収量は約50hl/haの低収量。

 

マークグレーフラーラント シュペートブルグンダー

所有する以下の6つの畑のブドウから造られるキュヴェ。シュラッター・マルテーザーガルテン、アウゲナーレッテン、ドッティンガー・カステルベルク、エーレンシュテッター・エルベルク、スタウフェナー・シュロスベルクの5つの畑のピノ・ノワールを使用しています。全房率約5-10%、4-5日間の低温浸漬。少量果汁を抜き取り、凝縮感を与える(4-5回使用)にて15-18か月カ月熟成。収量はすでに他醸造所の村名格クラスです

2018年にVinumにて最優秀コストパフォーマンス賞を受賞、日本においてもワイナート誌ドイツ・オーストリアのピノ・ノワール比較テイスティングにてNo.1に輝き話題となりました。

驚愕のコストパフォーマンス誇るピノ・ノワールです。

Dottinger Castellberg ドッティンガー カステルベルク

 

ヴァスマー醸造所のフラッグシップ。マルティンさん曰く、「標高は高く、高密植で歴史もある。それに石灰岩に赤土の表土。つまりヴォーヌ・ロマネと同じ土壌構成なんだ!」と自慢の畑。ぶどうはブルゴーニュのクローンとドイツのクローン両方の植わっている最優良区画から。全房率は約50%。5-10%果汁を取り除く。4-5日間低温浸漬。新樽比率100%にて15-18か月熟成。味わいは、トップキュヴェらしく凝縮感があり、力強くもエレガント



ドッティンゲン村に面したこの畑では1200年前からワイン造りが行われてきました。

現在の畑は1784年にマークグラーフ・カール・フリードリッヒによってこの地にワイン造りを奨励されたことにより始まります。ローマ時代の城の名残があり、畑には石壁、石段も見られ、お城があることから「カステルベルク」と名付けられました。超優良区画であることはもちろんのこと、貴重な文化遺産ということもあり、マルティンさん自慢の畑です。南と南東向きに面しており、テラス上の急斜面からなる畑は、石灰泥灰岩、石灰岩、表土は赤土の混ざった石灰の風化土壌で構成されています。

 

 

前回の“サブリナ散歩”ファンの皆様!お待たせしました!

サブリナさんとのインスタライブ決定!


1010() 20時より、

ご好評いただいておりますインスタライブ

 

ヘレンと飲めへん? ドキドキ・ドイツナイト! 開催!

是非、ご覧ください!サブリナさんと畑を歩きましょう!