リースリング、ピノノワールから醸造される
上質のドイツワインをお届け

  • TEL072-624-7540
  • FAX072-623-8703
TOP > ヘレンベルガー・ホーフ株式会社‐ドイツワインの輸入卸 > 連続ネット小説 第2話【MIKE ミケ 誕生秘話】~わすれものをさがしにきました~
連続ネット小説【MIKE ミケ 誕生秘話】~わすれものをさがしにきました~
2021/08/08

連続ネット小説 第2話【MIKE ミケ 誕生秘話】~わすれものをさがしにきました~

ヘレンベルガー・ホーフ株式会社‐ドイツワインの輸入卸

第2回【まだぶどうの収穫もしてない!】

 一度決めたのはいいですが、そこからが大問題です。

その数750mlにして25,000本!12本入りケースで約2000ケース。

大阪府茨木市の小さな輸入商社にとってはとてつもなく大きな挑戦となりました。いつもの年ならまだしもウイルスの影響に悩まされている日本において、この数量は並大抵のことではお客様にお届けすることはできません。 

しかもまだぶどうの収穫も終えていないのです!値段も正確には決まっていません。さらにはどんな年になるかも収穫前の時点ではまだわかりませんから、悪いことを考えれば不安は募るばかりです。しかしながら、ここは29年間のバスツゲン一家とのお付き合い。所有している畑もよく知っていることから品質は無条件に信じることにしました。こんなことは普通しませんけど( ゚Д゚)

それからまぁ現地の天候が気になること気になること。毎年気にはしていましたが、これほど気になる年はありませんでした。特に夏場は雨が本当に少なかったものですから、本当にやきもきしました。あまりにも乾燥してしまうとぶどうが成熟する前に干からびてしまったり、ひどい時には枯れたりします。また強い日差しに対抗してぶどうの皮が厚くなり、余分なえぐみが出てきてしまいます。雨よ降れ雨よ降れ、そんな願いが届いたのかいつもぎりぎりのタイミングで恵みの雨を迎えた2020年は収穫の秋をことなく迎えることができました。

 近年は冷涼地と言われるモーゼルであっても温暖化の影響を受けています。特に秋の収穫時にリースリングにエレガントな酸をもたらす昼夜の寒暖差がここ数年は徐々に失われてきていました。しかしながら2020年は秋にほどよく冷え込み、理想的な寒暖差が畑に生まれ、濃厚ながらも絶妙な酸を持つ優良ヴィンテージとなってくれました。日本からできたことはただただ祈るのみでしたが、真っ暗闇の中に少し明かりが見えた感覚でした。           次回に続く