リースリング、ピノノワールから醸造される
上質のドイツワインをお届け

  • TEL072-624-7540
  • FAX072-623-8703
スタッフブログ
2022/04/28

目の深呼吸 ~良いGWを!~

ヘレンベルガー・ホーフ株式会社‐ドイツワインの輸入卸

みなさんこんにちは。今週のブログ担当は高橋です。
どうぞ最後までお付き合いください。


みなさんはゴールデンウィークはどのようにお過ごしになりますか?

まだ完全に自由がきかない状況下である上、世界の辛く悲しいニュースばかりが流れる毎日で、最近の私は「花でも見てないとやってられん!」という気持ちにり、癒しを求めて急に園芸に目覚めました。
兄には「お前も歳をとった証拠やな」と鼻で笑われましたが、
ええ、そのとおりであります。


今日は皆様のお目元にも可憐なお花たちの癒しをお届けいたします。


勢いが止まらないペチュニアちゃん
元気すぎて狭そうに植木鉢から飛び出てきました


どんどん次のお花が咲いてくるベラルゴニウムちゃん
ぼやぼやしていると満員になるので、お手入れが大変です


じめじめした季節を美しく彩るアジサイちゃん
私のくせ毛が暴れて憂鬱なこの時季でも、この青が楽しみです



小さなお花がゆらゆら揺れるスクテラリアちゃん
寄せ植えのローズマリーちゃんは肉焼くときに収穫するぜ


傘みたいにぷっくり丸い葉っぱも可愛いナスタチュームちゃん
お水をあげたら、見事に全部はね返されます


たっぷりとしたボリュームが華やかなゼラニウムちゃん
強くて栽培しやすいのでめんどくさがりの私にもぴったりです


みなさんのお目元も深呼吸が出来ましたら幸いです。


昨年からは、アボカドをおいしくいただいた後の種から家庭で栽培できると聞き、
いつか我が家で育った実を収穫しようと栽培を始めました。


6月。爪楊枝で支えを作り、水に浮かべること1か月。
わが家のアボちゃんは待てど暮らせどまったく変化もない・・・。


7月。ほんまに芽が出るのか?と諦めかけた時に、種がパッカーンと割れ、根っこと芽が出てきたときは愛おしくて仕方がありませんでした。


10月。すごいぞアボ!絶好調!
小さな若葉が開いてきました。


翌4月。すくすくと育ったアボちゃんを土に植え替え、この春ついにお外デビューを果たしました。
お日様の光を浴びて、南国好きのアボちゃんはとても嬉しそうにしています。


調べたところ、実が収穫できるまで、最低でも5~6年、遅かったら10年ほどかかるそう。


アボ・・・ちゃん・・・・( ̄▽ ̄)
あなたって・・・



そんなこんなで、私のGW前半は、
可憐なお花たちとまだまだ収穫できないアボちゃんのお世話をして癒され、
勝手に伸びてくる忌々しい雑草たちと終わりなき戦いに時間を費やそうと思います。


みなさんも素敵な休日をお過ごしくださいね。




ヘレンベルガー・ホーフ 高橋